猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








いちごちゃん


今朝、イチゴちゃんが天使になった。我が家では一番小さな女の子。華奢を通り越して成長不良かも、というくらい小柄な女の子。食べる量もみんなより少ないし、抱きかかえるのも怖いくらい細い体。でも病気ひとつすることなく・・・。

昨夜、いつもと違う場所にうずくまっていた。帰宅が遅かったから母に尋ねると、夕飯は食べなかったとのこと。朝は食べてたのにな、と思いながら様子を見ていた。なんとなくわかってしまった。

いちご、死んじゃうんだな

夜間専門の病院のことも頭によぎったけど、この小さな身体じゃ動かしただけで死んでしまいそうだった。身体の大きさからしてみんなよりエサが少ないのは仕方ない。小さすぎて、少しずつ衰弱しているのも気付けなかったのか。色々なことが頭に浮かんできたけど、モモの時に比べたら私の心は穏やかだった。黙って見届ける覚悟をしていちごの近くにうずくまった。

午前4時頃、他の猫達も近くでゴロゴロしていたが、次々と起き上がっては北側の窓を凝視する、ということが何度もあった。いちごが身体を伸ばして何度か口をパクパクさせるようになってきて、モモが迎えに来てるのかもしれない、と思った。

それから一時間と少し、早朝5時34分に、それほど苦しむこともなく、最後に小さく両手両足をバタバタさせて、いちごは静かに旅立っていった。

私にはわからないところで何らかの病があったのか、ちゃんとしたことは全くわからない。でも飼い主としては、これが理想の別れだな、と思った。不思議と涙も出なかった。小さな身体の小さな命が消える瞬間、他の猫達と一緒に見送ってあげることが出来た。モモは他の猫達と別れて暮らすことを選び、最期の数日は苦しみと戦いながら旅立って行った。でもイチゴは最期までみんなと一緒だった。全員で看取ることが出来て幸せだった。

突然過ぎたから、というわけでもなく、もちろんこのことを喜んでいるわけでもなく、なのに涙も出ない。不思議だな、と思う。まだ11歳、もう11歳、いちごの場合はどちらかな。あの小さな身体なら11歳という年齢は短くなかったのかな。

モモを見送って、今度はイチゴ。今年の始めは7匹だった我が家の猫達が今は5匹。そういえば天国に行ったスイカ、モモ、イチゴは去勢も不妊もしていない子たちだな。残った子は手術済みだからか、性格もおっとりした子ばかり。暴れん坊のモモ、その後継者だったイチゴ。2匹がいないのは寂しいけど、残った時間をゆったりまったりと過ごしていけたらいいな。


スポンサーサイト






2007⁄10⁄18 21:00 カテゴリー:フルーティーズ comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



見に来てくれてありがとう。
さっきイチゴが帰って来たよ。
モモと同じ大きさになって、
モモのときは小さくなったね、と思ったけど、
イチゴは大きく重たくなった気がした。

大好物をたくさん持たせたから、
今頃はママと弟、新しい友達と食べてるかな。
2007/10/19 15:28URL | 晴乃輔[ 編集]

こんばんは。
久しぶりに更新情報が来たので見に来たらこんなことになっていたので驚いた。

年齢を思わず確認してしまった。

晴乃輔がそばにいたことは良かったことだと思う。空の上で待ってる仲間と楽しく遊んでいますように。
2007/10/18 22:57URL | nougat[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。