猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








雄叫び


ワンワーン!!
ワワワンワワワン!!
ワンワンワワーーーン!!

先程から聞こえるモモの雄叫び。聞こえてくるのは階下より。そう、今日はカオゴン帰宅につき、私は二階の我が家に帰省(?)なのだ。カオゴン帰宅の時は母上が寝室を追い出される。よって私も追い出されるのである。そして絶叫は離れ離れで私が恋しい(多分)モモゴン。

おねー!一緒に寝るでしー!

そんな感じだろうか。なんとなくカオゴンがいるときの生活ペースは心得ているモモ。夜になっても布団を敷けとは催促してこない。普段使うことのないケージの中にあるベッドに入ったりもする。

呼ぶな。呼ぶでない。鳴くなモモゴン。今すぐ飛んでいきたくなるではないか。しかし日頃モモに占領されている私の夜の時間。二週間置きにやってくるカオゴンの帰宅時くらいは他の猫達と一緒に過ごさせておくれよ。おねーは月曜日にはまたモモゴンと一緒の生活に戻るから。

ワンワーン!
ワワワーン!

今も叫ぶモモゴン。

静かにしなさい!

と、叫ぶ母上。睡眠不足は仕方がない、とあきらめている母上よ。あなたが先日言った言葉は印象に残っております。

「いやね、元気なのはいいことよ。でもさ、正直言ってここまでモモが元気に生きているとは思ってなかったのよ~。これじゃ年末をどうすごすかも考えなくちゃいけないみたいね~。」

暮れになれば真ん中の妹が帰省する。妹と一緒に妹の連れ子であるパグ犬いっちさんも帰省する。そしてカオゴンが一週間の帰宅。てんやわんやになること間違えなしの母上宅。どうなることやら・・・。
スポンサーサイト






2006⁄11⁄12 01:44 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。