猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








嘔吐


「モモが吐いたのよ。」

外出して昼頃戻ると母上に言われ、ちと心配になった。ネコの嘔吐は時々あるからあまり気にしないが、なんせ一応病猫。乳腺腫瘍が発覚してから嘔吐したのはミルクをがぶ飲みして咽た時と、毛玉を吐き出したときだけである。

「何かくれって言われたけどお刺身もなくてね。ジャーキーの瓶にスリスリしてるからあげたのよ。そうしたら吐いちゃった。」

ありゃー。モモちゃん、大丈夫?と一応具合を伺う私の耳元で母上の言葉。

「喜んで食べてたのよ。」

ジャーキー大好きなモモさん。毎日のようにチビチビとおやつに上げているが・・・。

「15本くらい一気に食べちゃってね。それで・・・」

15本・・・一気に・・・。そりゃ吐くでしょうよ。いくらなんでも与えすぎですから。お母さん。

そんなやりとりのそばから当のご本人。

「お帰りでし。おやつの時間でし。」

ミルクを作って様子を見る。チャプチャプと味わいながら、時々満足気な顔を見せてくれる。良かった。心配ないようだ。

また外出しなければならない。

「モモちゃん、おやつ貰いすぎは駄目だよ!」

一応言い聞かせる。しかし答えたのは母上だった。

「モモに言っても無駄だよね~。お母さんに言わないとね~。」

そうでした。もし何か欲しがったら上げてもいいのはこれだけ、と分量を決めて出かける準備をした。

「また行くでしか?家にいて欲しいでし。」

ワンワン言いながら後をついて回るモモ。ねーちゃん行かなければならない。お母さんと留守番していてよ。

「きっとお土産買って来てくれるよ~。お母さんと留守番してようね~。」

母上の助けもあって無事外出。仕事を終え、帰宅したのは9時半。私の手にはマグロの刺身、生鮭、スーパーに隣接していたサーティーワンのアイスがあった。一切れのマグロを細かくしてモモに上げた。もちろんご満悦のモモさん。でもお母さん。あなたのアイスまでモモに分ける必要はないでしょーが。

天高く、モモと母肥ゆる秋。
スポンサーサイト






2006⁄10⁄29 02:41 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。