猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








脱・居候


昨日は家人が帰宅。家人から「今日は俺がモモと寝てあげるよ。」というありがたい申し出。私は久しぶりに本当の自分のベッドで寝ることが出来た。最初は不思議そうにしていた猫たちも少しするとやってきた。ベッドの下を覗けば大の字になって半分ベッドの下に潜って寝ているバナナの下半身。枕元で踏み踏みするイチゴ。胸の上にはミカン。そしてウメには腕枕。久々だな~、この感触。みんなごめんね。なかなか寝付けなかったけど2時間ほど、猫たちに囲まれて休めた。

朝、6時に家人を送り出すために一階へ。モモが待ってましたとばかりに近寄ってきた。母が言うには、母が起きてきてリビングの戸を開けると、リビングの真ん中にはモモがポツンといたそうな。モモはとても小さく寂しそうに見えた、とか。いつもは私と一緒に布団で寝そべっているのに。カラーが外れてからは一度起きて母に甘え、おはようの挨拶をしてまた私のところに戻ってくる。今朝のモモは母上を見て途端に近寄ってきてゴロゴロ甘え、私の足音が聞こえるまで母上のそばを離れなかったらしい。そしてリビングの隅っこの家人、モモのために、と無意識に頑張ったのか布団の端っこでスヤスヤと寝ていたようだ。起きてきた家人に聞くと、モモは二度ほど甘えた声を出していたがすんなり寝かせてくれたから大人しかったと思う、と言っていた。

モモは家人が嫌いなわけではない。どちらかというと好きだ。でも母上や私がそばにいることに慣れてしまい、どちらも見当たらない夜が心細かったのかもしれない。家人を送り出し、まだ敷きっ放しの布団に寝転ぶとモモがすぐにやってきた。寝そべってゴロゴロと喉を鳴らしている。なでてやるとあっという間に寝てしまった。

「モモさん、寂しくて寝れなかったんだね。」

母ももう少し寝る、というから私もモモと一緒にもう一眠り。母上が再び起きてきたときには、布団の上で私とモモが同じ格好で爆睡。母上がテレビをつけようが、台所を片付けようがピクリともしなかったらしい。

そしてモモは脱・居候することになった。二階へ戻るのではなく、モモが望むならこのままここで暮らせばいい、という母上の有難い言葉を頂いた。一昨日の夜、私はモモを抱いて二階へ行ってみた。モモは今まで出したことのないような声で嫌がった。その声を聞くだけでモモの病気が悪化するような気がした。その様子を見てモモが好きな暮らし方をさせてやりたい、と思った。しかし母上にも手間を掛けるから自分からは言い出せずにいた。家人はモモが二階へ戻れないなら、帰宅した日はモモと一緒に寝てくれる、という。だからその日は私は二階で他の猫たちと一緒に寝ることが出来る。あとは母上次第なんだが。でも今日の午後、呆気なく話はまとまったのだ。

「モモの好きなようにさせてあげたら?もうモモが嫌がることしなくてもいいじゃない。」

母上はリビングの真ん中でポツンと寂しそうにしていたモモが母上の顔を見て甘えてきたことと、私と一緒に気持ち良さそうに眠るモモを見て、他の猫達の中に戻ることよりもここにいるほうが幸せならそれでいい、と思ったそうだ。来週の私の沖縄も、安心してられるうちに行ってくればいい、その間はモモの面倒を見てくれる、と言ってくれた。

元々一匹狼だったモモ。他の猫とじゃれたりすることはあまりなかった。バナナやミカンは怖がりながらも仲間の元へ戻りたがったが、モモはどちらかというと人間好きの猫嫌い。今の環境を好まないはずがないのだ。

元の生活に戻れたら私も母上もラクだったと思う。でもモモの幸せを願うなら、モモが嫌がることは無理強いしたくない。そいうわけで、本日モモは脱・居候となったのである。一階が正式なモモの居住空間となった。多少の模様替えをして、今の病み上がり用のケージではなく、快適空間も作れる2階建てケージに置き換える。

モモちゃん、
みんなに大事にしてもらえてよかったね。
幸せだね。
スポンサーサイト






2006⁄08⁄23 01:28 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。