猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








留守番


昨日は心配になるほど寝ていたモモだが、やはりやっと落ち着いて休めたのだろうか。夜中は元気に歩き回って、またもや一晩中付き合った。ウトウトした頃にモモが寄ってきてカポッと私の顔にカラーをかぶせるようにして鼻をかじる。ソファの足元にやっと布団を敷いている私に、ソファの上からちょっかいを出したり。はいはい。付き合いますよ。約束したもんねー。

そして朝から食欲もあって、いい感じのモモさん。私がやっとウトウトしたころに起きてきた母に、食べられないから手伝ってくれ、とアピールしてカリカリを食べさせてもらったらしい。水まで飲ませてもらったとか。カラーが邪魔になって皿に上手く顔を近づけられないのだ。

元気なモモに感謝しつつ、今日の午後はちょいと留守番をしてもらうことにした。母上、カオゴン、私と三人でお出かけである。2時間ほど一人ぼっちになってもらった。帰宅してリビングのドアを開けると、

「わんわーん!わんわんわわーーーん!

怒ってらっしゃる。私が外出から帰ると文句を言う。これこそ本当のモモである。犬じゃないんだからニャーと言え、と思うのだがモモの鳴き声は甲高いワンワン、なのだ。ケージから出すと私の後ろをついて回って文句を言っている。いつも以上のご立腹。

「病み上がりのモモを一人にしたわね!」

モモの言い分か。でもカリカリが減っている。ちゃんと食べてるやんけ。水を替え、カリカリを足して上げた。フゴフゴいいながらまた食べて、やっと落ち着いた。

退院後、エサはちゃんと口をつけていたが、摂取量は少なかった。しかし今日は食べている、という感じ。ほぼモモの普段の量を食べてるから昨日の睡眠が良かったのかもしれない。行動範囲もいっきに広がってきた。ソファには飛び乗れるようになったし、テーブルを覗き込む仕草もする。お腹の傷も痛まなくなったのか、平気で私の腕や足にお腹を乗せて休む。

夜にはまたケージの中でリラックス。これなら今夜はケージで寝てくれるかもしれない、と思った。11時過ぎになって、2階で他の猫達の世話をしていた。ついでにちょっと仕事も、なんて感じで。しかし母から内線。

「モモ、五月蝿い。」

片づけを終えて下に降りると、モモがワンワンいいながら廊下を歩き回っている。私が出てくると駆け寄ってきて脚にネコパンチをくらった。カオゴンに寝場所を乗っ取られるので、母上はカオゴンがいるとリビング続きの客間で就寝。ドカドカと入り込んできたモモが馬乗りになってワンワン言ったそうだ。私は最近の寝場所に布団を敷き、まだ文句を言っているモモを呼んだ。フガフガいいながらもモモは寄ってきて、さんざん撫でさせ、踏み踏みしてようやく落ち着いてくれた。

今夜もリビングの隅っこが私の寝場所である。

スポンサーサイト






2006⁄08⁄07 00:48 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。