猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ケージ


昨夜は母上にお許しをもらい、布団を一組拝借した。母上は特に猫好きなわけでもなく、なにかにつけて「猫毛が・・・」とぶつぶつ言うのだが、座布団の上で寝ている私が哀れに思えたようだ。モモのスペースが狭くなるのが心配だったが、モモは布団の上を陣取り、満足そうだった。昨夜も甘え放題のモモに振り回されて寝不足だが、嬉しいことだ。

そして今朝。私はモモのケージを組み立てた。今日は母上宅に別の怪獣、カオゴンが帰ってくるからだ。我が家は多頭飼いなのでケージは3つほどあるが、病気療養の子は一階で妹のワンコが帰ったときに使うケージを借りている。しかしカラーをしたままのモモにはこのケージでは何も出来ない。トイレにはつっかえ、エサには届かず。私はもう一回り大きなケージにしたいなあ、と心の中だけで思っていた。母上宅にそんなもの置かせてもらえないだろう・・・と。しかし母が言った。

「大きいのにしてあげたら?ウチはみんな年寄りなんだからこれから度々こういうこともあるでしょ。」

ありがとう。オカン改め、母上殿。私はその言葉に甘えて大きいケージを買ったのだ。このケージ、中型犬用である。猫は上から飛び出てしまうからネットで蓋をした。広さ充分、これならトイレも寝床も広々だ。トレーをセットするとすぐにモモが寄ってきて、トレーに乗った。寝そべってすでに気持ち良さそうである。だんだんケージが組み立てられていくというのに、全く移動する気はないようだ。全部出来上がった頃にはケージに入れた夏用ベッドの中でくつろいでいた。

カオゴンと鉢合わせしないように入り口を閉めておくつもりだったが、開けっ放しにもかかわらずモモはそこからほとんど出てこなかった。これなら留守番もこの中でさせられるだろう。24時間ついていてあげたいのはやまやまだが、そろそろそうもいかなくなる。カラーが外れるまでは目を離すのが心配だからケージに入ってもらうしかない。この様子なら不満は無さそうだ。

気に入ってくれたようなので私は布を半分掛けて薄暗くしてやった。ベッドの中でモモは丸くなったり、ふちに頭を乗せたり、とてもくつろいだ様子で寝ていた。カラーを外に出して仰向けに寝そべったとき、お腹の傷が丸見えになった。お腹周辺はいじらないように、と言われていたから初めて傷をまじまじと見た。傷跡からモモの手術がとても大変だったことを実感した。

モモはよく寝た。寝すぎで心配になるくらい。時々出てきてもすぐに戻って寝る。しかし出てくるとエサに口をつけ、部屋を一周して戻る。元気がないわけじゃないのだろうけど。

「手術後なんてそんなものよ。心配しすぎ。」

と、手術経験のある母上に言われた。10時過ぎになってケージから出てきたモモ。猫たちの夕食はほんの少しだが缶詰をオヤツ代わりに与えている。モモの分も残してあった。冷蔵庫からエサを取り出し、冷え冷えは与えたくないからレンジで5秒チン。熱すぎないか確かめていると、モモが台所にやってきた。しかも目がキラキラしてるかも?!

「食べる?」

と尋ねてみたり。だがモモは、後ろ足で立ち上がって皿を覗き込もうとした。いつもよりやや少なめではあるが、ほとんど完食してくれてほっとした。夜もケージで寝るなら母に頼んで私は自分の寝室で寝るつもりだった。他の猫に怒られそうだから。しかし食後のモモはここ二晩私と一緒に寝たリビングの隅っこにいる。

「待ってるんじゃないの?」

はいはい。他のにゃんこに謝って参ります・・・。

今のモモは昼間の分も取り戻すかのように、ゴロゴロと甘えた攻撃をしている。そして今朝までは飛び乗れなかったソファに私の枕を踏み台にして上がり、パソコンをいじっている私を眺めている。日中は留守にすることが多いから普段のモモの様子はわからないが、夜行性の猫なのだから昼間はほっといてよ、という態度も普通なのかもしれない。過剰な心配はよくないとわかっていても細かいところまで気にしてしまうが。

モモの気性から「薬は無理ですよねえ。出さないでおきましょう。」と先生に言われたが、一応挑戦するので、と抗生物質をもらった。初日、スプーン一杯のヨーグルトに混ぜて成功。だがその後は一度も成功していない・・・。
スポンサーサイト






2006⁄08⁄06 00:49 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。