猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








マグロの刺身


母上が一応初七日だからお刺身食べようか?と言ったのが昨日だった。私はだったら一日待って、おにーも揃う月曜日にしようと提案。今日はみんなでマグロの刺身を食べた。もちろんモモの分も用意して。

モモが亡くなって、昨日の今頃は、一昨日の今頃は、先週の今頃は、とあれこれモモのことを思い出していたけど、午後7時50分、先週の今頃モモは戦い抜いて旅立ったんだな、と思った時間には外に出て空に向かってモモに言った。

「バイバイ。ありがとね。」

先週の今頃はもういなかったんだな、と思うと寂しい。でも少しずつ悲しみよりも幸せのほうが増えてくる。

小さい頃は、、、
この家に越してきたときは、、、
出産の時には、、、

思い出すたびにモモがウチの子で良かった、と思う。

初七日が過ぎたらスイカと並べてみんなのいる部屋に置いてあげようと思ったモモの遺骨はまだ下にいる。もう少し想い出に浸っていたい、という母上の要望もあるし、私もまだそれでもいいかな、と思う。最後の半年近くはみんなの中の一匹ではなく、母上と私の中で暮らすたった一匹のモモだったのだ。頑張ったご褒美にもう少しだけ甘えっ子のモモでいさせてあげよう。




スポンサーサイト



2007⁄01⁄23 03:37 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2007 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。