猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








健康優良猫?!


「ワンワン!」

なにやら騒がしいモモさん。時計を見るとまだ午前6時前。しかし何か用件があるらしくしつこく呼ぶ。仕方なく起き上がると道案内するかのように私の前を歩く。

「あれま。空っぽだったんですね。」

モモのカリカリが無くなっていた。おかわりをよこせ、とおっしゃるお嬢さん。こんな時間にですか。はぁ・・・。ま、食欲旺盛なのは良いことですね。

今日はあと3時間は寝れるな、と目覚ましをセットして再び布団へ。目覚ましが鳴り響くのとモモが私の胸に飛び乗るのは同時である。

「ワワワーン!」

目覚ましより強力なモモ時計。はいはい、起きますって。するとスタスタと私を道案内。またもや空っぽ。モモさん、もう二度目なんですが。

「ワンワンワワーン!」

次は冷蔵庫の前で泣き叫ぶ。最近はこの中から素敵な食べ物が出てくることを知っているモモ。更に冷蔵庫から出したものは電子レンジで少しチンしないと自分の前には出てこないこともわかっているらしい。私が冷蔵庫から何かを取り出すと電子レンジの前に置いてある踏み台に飛び乗る。チン!と同時にモモの叫び声。

すっかり常備食となったマグロや鶏肉。モモの朝ご飯である。これを食べないと一日が始まらない、と言わんばかりにしつこく催促してくる。食べて満足するとコタツに潜り混む。そこから数時間はほとんどの時間をコタツで過ごすが、その間にも出てはカリカリカリカリカリカリ・・・。

いいのだろうか。モモは確実に食事の量が増えた。デブ猫街道まっしぐらである。一日に3~4回はカリカリが更に満タンになる。夜は猫缶も少々。間食は一日数回。元気な証拠、と思っているが。いいのだろうか。

近頃はワンワン叫べばおねーが来る。この図式にすっかりハマって、私は家のどこにいてもモモの叫び声を聞かなくてはならない。

「おねー!どこでしかー!おねー!」

私がいないと五月蝿い、と母上に小言を言われる。いれば気が済む。飼い主としては嬉しいことだが、留守番する人には迷惑だろう。が、間もなく私は出張である。一週間オカンを困らせるだろう。今年最後の出張だから堪えておくれ。

正直なところ、私はモモと一緒に年を越すことはあきらめていた。だから秋の海外への出張はすべてキャンセルしてあった。でも今年もあと一ヶ月。今の元気があれば大丈夫かな?頑張れ!モモ!


スポンサーサイト



2006⁄11⁄27 01:40 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








寒さに弱く


冬が近づいてきて、というよりもう冬。そして私は寒さに弱い。夜寝る時の格好は悲惨なものである。真冬には長袖の肌着上下、更にフリースの上下を重ね着。足にはウールの靴下、ニットの手袋にニットの帽子。そして電気毛布仕様。

ここ最近、めっきり涼しくなり、我が家の母上宅でも冬支度。コタツだけでなく石油ストーブも登場。モモさんは専用ヒーターか、コタツの中で暖をとる。そして私の今現在の寝姿は長袖の肌着上下、フリース上下、靴下。残すは帽子と手袋、そして電気毛布のみである。

寝る時は必ず私と同じ布団で寝るモモさん。私がフリースを着込むようになったら脇の下に身体を押し込んで来たり、フリースの中にまで潜り込んで来る。夜中に寝返りを打って、犠牲になったときにワワワン!ワワワン!と騒ぐのは仕方がない。しかしパニクってフリースの中で暴れるのは辞めておくれよ。

突然身体の向きが変わり、驚いたモモさんは出口を求めて大暴れをする。私のフリースは今年降ろしたばかりの新品なのにすでにボロボロ。冬の部屋着にはユニクロのフリースが定番である。丈夫で温かくてリーズナブル。毎年二枚を新調して、ボロになったら猫達のベッドに敷き詰める。一匹生活になってすっかり甘えん坊のモモさん。フリースの中を寝床にされるならもう一枚くらい必要かも・・・。






2006⁄11⁄20 03:53 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








雄叫び


ワンワーン!!
ワワワンワワワン!!
ワンワンワワーーーン!!

先程から聞こえるモモの雄叫び。聞こえてくるのは階下より。そう、今日はカオゴン帰宅につき、私は二階の我が家に帰省(?)なのだ。カオゴン帰宅の時は母上が寝室を追い出される。よって私も追い出されるのである。そして絶叫は離れ離れで私が恋しい(多分)モモゴン。

おねー!一緒に寝るでしー!

そんな感じだろうか。なんとなくカオゴンがいるときの生活ペースは心得ているモモ。夜になっても布団を敷けとは催促してこない。普段使うことのないケージの中にあるベッドに入ったりもする。

呼ぶな。呼ぶでない。鳴くなモモゴン。今すぐ飛んでいきたくなるではないか。しかし日頃モモに占領されている私の夜の時間。二週間置きにやってくるカオゴンの帰宅時くらいは他の猫達と一緒に過ごさせておくれよ。おねーは月曜日にはまたモモゴンと一緒の生活に戻るから。

ワンワーン!
ワワワーン!

今も叫ぶモモゴン。

静かにしなさい!

と、叫ぶ母上。睡眠不足は仕方がない、とあきらめている母上よ。あなたが先日言った言葉は印象に残っております。

「いやね、元気なのはいいことよ。でもさ、正直言ってここまでモモが元気に生きているとは思ってなかったのよ~。これじゃ年末をどうすごすかも考えなくちゃいけないみたいね~。」

暮れになれば真ん中の妹が帰省する。妹と一緒に妹の連れ子であるパグ犬いっちさんも帰省する。そしてカオゴンが一週間の帰宅。てんやわんやになること間違えなしの母上宅。どうなることやら・・・。





2006⁄11⁄12 01:44 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








コタツ


最近新たな趣味を見つけて、ブログがおろそかになっている。モモが元気でいてくれるから趣味に没頭出来るのだ。モモに感謝しなければ。

我が家では早々とコタツの登場。母上宅の和室に置かれたコタツ。今ではすっかりモモのお気に入りの場所となった。母上流コタツの使い方は、ホットカーペットと併用してコタツは布団を掛けただけのテーブルである。でもこのほうがモモには快適かな。

昨日の夜。私は趣味に没頭していて足が痺れてきた。足を組み替えようとしたとき、何かをどついた感触。慌てて布団から飛び出す塊。もちろんモモさんである。爆睡していたから状況が飲み込めてないモモ。耳はピンと立って後ろ向き、目は半開きで引きつっている。とってもブスな顔。思わず大爆笑してしまった。少しして落ち着くと無性に腹が立ってきたモモ。私の膝に上がりこみ、コタツ布団をバシバシと殴る。時々私に甘えた声で何かを訴える。

「この中で何かが私をぶったんでし!びっくりしたでし!」

これでもか、と殴り、へっぴり腰でコタツを覗く。ビクっとしてまた私の膝に飛び乗る。

「怖かったでし!」

ウルウルした目で訴えるモモ。か、か、可愛い・・・。へっぴり腰は面白すぎるし。モモちゃん、やっぱりアンタは凄いよ。その存在だけでおねーは幸せだ。

必死なモモに私はついに言えなかった。モモがビックリ仰天した原因を作ったのはこの私だと。今日は無理だったけど明日にはまた新鮮な刺身買ってくるから許しておくれ。

そして最近私が没頭している趣味。それはデコ!デコ電なるものが最近はやっているらしく、知り合いから頼まれたのだ。私は自分では使わないが、ネイルを作るのが好きである。知り合いに頼まれたり、プレゼント用に作るのだが、それを知っている知人に言われた。

「デコ電出来ない?」

デコ電ってなに?というところから始まり、インターネットで調べ、今はそこら中にあるものを飾り立てている。私の携帯のようにカスタムジャケットがあるなら失敗も出来るが、知人は自分の携帯にダイレクトに飾って欲しいと言う。失敗は許されないぞ、ということで練習も兼ねてあれこれやったが、これがなかなか楽しい作業である。私は細かい作業が好きで、裁縫や編み物はもちろん、アクセサリー作りやネイルも好きなのだ。今回与えられた課題、夢中にならずにはいられない。

深夜までキラキラのラインストーンと格闘し、モモから苦情が出ることも多いが、まだ暫く飽きることはないだろう。





2006⁄11⁄06 03:35 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。