猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








モモのお仕置き


ここ数日、帰宅が遅くなった。

「モモちゃん、ただいま~。」

小用で出かけていた母上が帰宅すると、寝床から出て来て母上の横を通り過ぎ、玄関へ行くモモさん。母上と私が一緒に帰宅するときは、母上より私のほうが先に家に入って来る。

「おねーはどこでしか?」

甘えるような声で母上に何かを訴えるモモさん。私を探すらしい。家中探して見当たらないととぼとぼと寝床へ戻るモモさん。それから1時間経過、2時間経過・・・。だんだん怒りがわいてくるらしい。

「おねーは遅いでし!!!」

ギャンギャンと喚きながら家中を走り回るモモさん。

「まだでしか?どこでしか?」

プリプリと文句を言い続けるモモにジャーキーを与えてごまかす母上。連日12時近い私の帰宅。

玄関を開けると、下駄箱前で待ち構えるモモさん。

「こんな時間までどこ行ってたでしか?」

「モモちゃん、ごめんねー。忙しかったんだよー。」

「遅いでし。ずっと待っていたでし。」

とにかく、これでもか、と喚き続けるモモ。私が玄関で靴を脱ぎ始めると、ワンワン言いながらリビングに入っていく。ごめんなさい。

そんな帰宅が三日目になった今日。玄関先で同様にモモに怒られる私。文句を言いながらリビングに消えていくモモを追いかけようと思うが、今日はブーツ。脱ぐのに手間取っていると、モモがダダダーッと走って戻ってきた。腰掛けて靴を脱ぐ私のお尻をパンパン!と叩いて、また文句を言いながらリビングへ。モモは怒っている。でもねーちゃん、その姿が可笑しくてたまらない。モタモタしていると、リビングの入り口から顔だけだして文句を言う。

「さっさとするでし!ご飯が出来ているでし!」

何語だかわからない言葉をまくし立てるモモ。私がリビングに入り、夕飯にありつくともう姿が見当たらない。

「さっきまでとは大違いねー。」

モモさん、私の座椅子の後ろでゆったりと横たわる。ここがモモの落ち着く場所。一通り文句を言って大人しくなる。が、私が食事を終えると鬼ごっこ、おやつ、ブラッシング。満足したモモさんの次の要望は。

「おねー、布団敷くでし。」

はいはい。何でも仰せの通りに。やはり、単独飼いになると犬っぽくなるようだ。


スポンサーサイト



2006⁄10⁄15 02:09 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。