猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








面会


梅さんに面会してきた。そう、面会である。可哀相だがこのまま数日入院させっぱなしにしよう、と決めた。

うーめ!と明るく声を掛けても知らん顔。うーめたん!と呼びながら撫でても無視。うりゃー!と顔をぐりぐりしたら、もんの凄い仏頂面。静かに怒っている時の梅の顔だった。まだ食べようとはしないが、顔つきは変わってきたと思うんですけど、と先生に言われた。確かに「うー、だるい・・・」という顔ではなかったかも。身体を撫でると干からびてしまったような感じだった背中が、いつもよりしっとりとしている気がした。

「どうしますか?連れて帰りますか?」と、先生。

いやー、入れてしまったら腹が据わった。連れて帰ってもまた明日連れてくる、そして離れ離れ、の繰り返しのほうがもっとストレス溜まりそうだから、このまま梅には頑張ってもらおうと思った。病院に置きっぱにされる、家に帰れば飯くえーっておねーがうるさい、他の猫は「お前誰だっけ?なんか病院臭くね?」って凄む、これはこれでとってもストレスだ。だったらメリットのあるストレスを、と数日間の入院を決意。

「正解だと思います。そのほうが効果も出やすいと思いますよ」

先生も良い選択だと言ってくれた。無視されても梅をぐりぐり撫でると、口の周りにかぴかぴご飯。私には今はまだやらないように、と言っていたが、ここは病院。無理矢理食べさせてくれたらしい。やったほうがいいのかも、と思っても出来なかったことだから私にとってはこれも入院させたメリットになる。

かなりご立腹でちっとも目を合わせてくれなかったけど、じゃあね!と言って立ち上がるとくりっと頭を私に向けてくれた。あー、誰が来たかくらいはわかってくれてるね、と安心した。明日も行くから頑張っててておくれ。

梅さんは私のことがとても好きである。初めて会ったその日から、梅さんは私のパジャマの中にもぐりこみ、脇の下に挟まって寝ていた。日中、私が動き回るときには、私のパーカーのポケットに入って過ごしていた。私が立ち上がろうとすると自分から入ってくる。こーんなに人懐こい子だから誰に見せても喜ぶ、と実家の家族とご対面。

「うわー、ハンサム君だねー」(by妹)→ストレスによる下痢
「あらー、可愛いねー」(by母)→立て続けの下痢
「どれどれ、こっち来てごらん」(by父)→しゃーっ!と凄んで暴れる

実家全滅。何故???

「梅太郎ってどこにいるの?」(おにー)
「家のどこかにはいるんだけど・・・」(おねー)
「あ、尻尾が見えた・・・」(おにー)

隔週でしか帰ってこない我が家の家人、おにーは数ヶ月の間、梅には会えなかった。梅さんは私以外の人間に懐かないまますくすくと育ち、見事な体格に誰もがぜひ一度お目に掛かりたい、と言うが、その姿さえ見るのは難しい。姿をくらますのに飽きると、背後から忍び寄って攻撃までする。だから誰もが恐れている。未だに梅を抱っこしたことがある人間は私しかいない。寝るときは私に抱きついて寝る。甘えたくなるとトイレについてきて、膝にあがり込んで何やら話しかけてくる。こんなに甘ったれでお喋りな子なのに、誰も信じてくれない。


母上と一緒に暮らすようになり、夕飯は母上が上げてくれることが多いのだが、梅さんは最初は姿をくらまして食べに来なかった。今は食べてくれるからすっかり母には慣れたものと思い込んでいたが、本日母上に言われた。

「ご飯置くまで少し離れたところで睨んでるし、あんたの代わりに掃除するときだって、少し近づいただけで唸るから怖い。まだ一度も触ったことないのよ」

ありゃー。知らなかった。梅たん、そんなことじゃ困るよ。この先何年も君は病院が必要だ。どうしてもおねーが行かれないときはおかーさんと一緒に行ってもらおうって思ってたのに。退院したら少し母上にも慣れてもらわなくちゃ。でもそれもまたストレスか・・・。まだ病院のほうが機嫌良さそうなのは猫かぶっているだけなのか?

おねー大好きは嬉しいけど、もうおじーちゃんなんだからもう少し社交的になろうよ。


スポンサーサイト



2008⁄02⁄01 01:24 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








新年


新しい年を迎えた我が家。
モモが旅立って一年が経過したんだなあ。
そしてイチゴが旅立って三ヶ月。

どんなに悪い子でもいいからさ、
君たち今年は元気に頼むよ!

これが新年の抱負であった。
でもやっぱりそうもいかないのかなあ・・・。
みんな年寄りだから仕方がない。
でも次から次へと・・・。

ふぅ・・・
君達の飼い主で幸せだけど、
幸せを与えてくれた君達のことだから。
飼い主はつらいね。
でもがんばろっと。





2008⁄01⁄21 01:55 カテゴリー:桃色日記 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








残り物の行方


残り物、なんていい方をしたらモモが怒るだろうが・・・。モモとスイカ、毎晩みんなと同じ缶詰をもらっている。最近、そのお供えを楽しみにしている奴らがいる。

大ブタ@梅太郎
中ブタ@バナナ
小ブタ@ミカン
ジョーおじさん

モモに代わってボスに君臨したイチゴと、バナナと時間交代制でケージに入るチェリオさんは興味なし。

夜、猫達のトイレを掃除しているとき、その皿は仏壇(らしき場所)から下げられ、床に無造作に置かれる。忍び寄る4匹。

本日の風景。しばし4匹で皿を囲み、誰が口をつけるか様子を見合っている感じだった。ついに我慢出来ず・・・。

バナナが突撃。むちゃむしゃと食べ始める。
少しして梅太郎親分、バナナの頭をボコリと軽く殴る。
続いてジョー叔父さん。
美味そうに食べているがまたウメにポコリ。
お次はミカンちゃん。
「あたしは一杯食べちゃうわよ!」
と、ガツガツ食べ始めるが、欲張りすぎにはウメのお仕置き。
そして最後に梅太郎。

こうして残り物はきちんと4匹で分けて食べた。

梅太郎、君はなんて良い子なんだ。本当に我が家の猫にはあり得ないくらい出来のいい男だよ。ヤクザなチェリオがバナナにケンカを売ると、必ずすっ飛んでって仲裁に入るよね。モモがぶち切れて一人で部屋の中で暴走していたとき、いい加減にしなさい!と喝を入れてくれてたね。苛められた子は必ず助け、苛めっ子にはお仕置き。そしてお仕置き後のケアも忘れない。

君がいなかったら我が家の猫社会の秩序はどうなっていたか。
梅たん、おねーはまだ頼りないからよろしくね。





2007⁄04⁄06 01:50 カテゴリー:桃色日記 comment(3) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。