猫との共存について語ってみる。
ブログ内検索


プロフィール

晴乃輔

Author:晴乃輔
4匹の猫を天国へ旅立たせ、4匹の老猫と今も暮らしている私の猫狂的生活


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








本当に不真面目で


落ち着いているとブログの存在を忘れてしまう。
なんて都合の良い管理人なんでしょ。。。

近況報告。
我が家の猫達、元気に過ごしています。
長老のジョーさんは16歳になりました。
どうしても切らせてくれない爪があって、
母上に補ていを手伝ってもらったものの頼りなく、
巻き爪になる前に切ってもらおうと病院へ行ったときのこと。
「若々しいですね~」
と褒められたジョーさん。
まだピチピチです。
チェリオ、バナナ、ミカンも元気です。

全盛期の半分になったニャン達を見ると、
少なくなってしまったな~、と、
寂しく感じられた空間にもようやく慣れてきた。

仏壇代わりにしている本棚の一角も、
今は賑やかになってしまった。
桃ファミリーやお友達がいつ遊びに来てもいいように、
私が在宅しているときはご飯と水は絶やさない。
猫たちがじ~っとその辺を見ているとき、
きっと誰かが遊びにきている。

そんな風に想像しながら、
今は穏やかな日を送っております。

私自身のほうが情けない。
温存治療と食事療法を続けてさえ入れば命に関わることはない、
でも一生付き合っていかなければならないモノを飼ってしまった。
いまひとつピンと来ないからか、
自分の事には無頓着だからか、
本人はこの状況を楽しんでおります。

こんな感じで生きております。

※この場を借りて、ヌガーさん!!!
万が一このブログを見たら携帯に連絡をおくれ。
夏前に携帯を外で落とし、車で踏み潰され、
一晩雨ざらしになって戻ってきた。
携帯が使えない期間が数週間あり、
アドレス全消滅、復活はもちろん出来ず。
そんなわけで・・・。


スポンサーサイト



2008⁄11⁄09 04:24 カテゴリー:猫狂的生活 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








はぐれ獣医純情派


ある本を注文した。
前からとても興味があった本である。

はぐれ獣医純情派

獣医の先生が書いているブログが本になったものである。このブログ、かなり面白い。そして役に立つ。時々覗いては「なるほどな~」とPCの前で頷いている。

この本を書いた「川野浩志」という獣医師さんが、我が家のモモやウメを診てくれた先生なのだ。本を出すような凄い有名人というわけではなく、たまたま先生が書いていたブログが注目され、本になった、ということらしい。でも本当に素晴らしい先生です。

モモもウメも命に関わる病気だったから、先生って面白い方なんですね~、なんてリアルに話をする機会などなかった。でも診察を受けていても、ブログを読んでいても、本当に動物が好きなんだな、という想いが伝わってくる。そして楽しいだけでなく、難しいこともわかりやすく面白い例えを使って説明してくれている。

今度は元気なニャンコを連れて、楽しくお話してみたいものである。届くのが楽しみだ。





2008⁄02⁄15 04:00 カテゴリー:猫狂的生活 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








大家族


一番賑やかだったのはやはりこの頃。我が家で生まれた子ニャンコたちがだんだんやんちゃになってきたとき。

PIC00005.jpg


右から紹介。
一番右は子育て放棄中のモモ。その隣、尻尾だけ見えているのがイチゴ、ふさふさのジョー叔父さん、まだ一歳半で成長途中の梅、ちまっと見えるのがスイカ、子猫たちより半年お兄さんのチェリオ、昔も今も大の仲良しのバナナとミカン。性格がよく出ている。出窓に乗せられた子猫はあぶなっかしいのにママは知らん顔。子猫ほったらかしでおくつろぎ。パパやおじちゃんたちはとても心配そう。モモは10日くらいで子育てをしなくなり、私が押さえつけて母乳を飲ませていた。限界が来るとおっぱいにぶら下がる猫を蹴飛ばしてどこかへ言ってしまう。いつもその様子を見守っていたのがチェリオさん。すぐにママ猫の位置に横になり、子猫たちに吸い付かせていた。子育てはチェリオがやってくれた、と言っても過言ではない。おっぱいの位置がはげになるほど頑張ってくれた。男の子なのに。

PIC00006.jpg


子猫たちが9ヶ月になるともう人間の居場所はなかった。ソファはいつも満員御礼。

今度は左から。
ジョーおじちゃん、やはりおくつろぎのモモ、スイカ、イチゴ、ミカン、すでに巨大猫の片鱗を見せるバナナ、お尻だけ写ってるチェリオ、毛色がやたら濃い梅太郎。ラグドールは巨大な種類の猫で、2~3年掛けてゆっくり成長する。期待通り9ヶ月でもバナナとスイカは大人の猫と変わらなかったし、梅もここからまだ一回り大きくなった。スイカはこの写真を撮った二週間後、病院で殺されてしまった。そのスイカの分もすくすくと育ち、バナナはもはや猫とは言えない大きさ。いつの間にかパパより大きくなってたんだね。







2008⁄02⁄07 02:16 カテゴリー:猫狂的生活 comment(2) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2017 +++Nekocle Life+++猫狂的生活. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。